注意点として知っておきたい歯科求人情報を見るポイント

注意点として知っておきたい歯科求人情報を見るポイント

求人情報を見る時のポイント1

歯科の求人情報を見る際の注意点としては、何が自分にとって最優先なのかはっきりさせておく点です。これは歯科医師だけでなく、一般的な職業にも当てはまる注意点と言えます。それは、恐らく自分が最優先したい条件が合わないことで、勤務している歯科医院を退職して、求人情報を探している方がほとんどだからです。例えば、一般歯科・矯正歯科・小児歯科などの専門のジャンル、職場の雰囲気、給与が高い・休みが多いなどの福利厚生面などです。他に勤務地・当直のありなし・病院の運営方針・スタッフとの人間関係などもあり、優先させる条件をこの中から選びます。この条件を明確にしないまま、転職や就職をした場合、実際の職場のギャップがあるように感じます。就業後に想像していた職場と違う…となれば、ストレスが多くかかり、最悪の場合は短期間で退職となりかねません。最優先の条件は、あれもこれもではなく、1つか2つに絞るとスムーズに歯科医院の求人情報に応募することができます。他の条件がある場合は、それはある程度譲れるものにしておきます。

求人情報を見る時のポイント2

求人情報を見ていれば、気になる歯科医院がいくつか出てきます。そこでの注意点は、事前に気になる歯科医院についてリサーチしておくことです。リサーチの方法としてはインターネットが基本です。大体の歯科では公式ホームページを持っているので、そこに掲載されている診療方針や、院内の画像を見れば、基本的な情報が得られます。あらかじめ調べておくことで、入職してからイメージと違ったと落ち込むことを防げますし、長い期間快適に働くことに繋げることができます。一般的な仕事でも、イメージと違って落胆している方は、リサーチ不足と言えるでしょう。インターネットでリサーチする際は、公式ホームページ以外に歯科医院の口コミやレビューを掲載しているサイトもチェックしてみてください。本人以外の口コミやレビューは、いい所以外の改善点なども掲載されているので、リアルに医院のことが分かります。インターネットでリサーチをしたら、今度は実際に見学できる医院の場合は、見学を申し込むことがおすすめです。実際に自分の目で見ると、医院の様子が自分に合っているか分かりますし、医院の客層もよく分かります。

求人情報を見る時のポイント3

歯科医師として知識の向上ができるかどうかも、求人情報を見る上で気を付けたい注意点です。どんな職業の転職や就職でも、自分が得たい知識の習得ができるかは重要なポイントになります。実際に入れ歯が合わない患者さんが来院されて、何回も調整しているのに合わないとなれば、義歯の難しい症例に対応できる技術と知識を身に付けたいと考えることが自然です。難しい症例に日常の診察で遭遇した時に、基本的な知識しか自分にはない、もっと専門的な知識を身に付けたいと思うことは、歯科医師であれば日常的に考えるものです。そういった場合、臨床向け勉強会が開催されているので、参加することをおすすめします。勉強会は無料の所もありますが、1回1日20,000円かかる所もあり、何回も参加すれば金額は高くなります。場合によってはコースがある勉強会があり、数10万円かかる可能性もあります。歯科医院によっては費用を一部負担してくれる所もあるので、求人情報を見る時に支援制度があるのか見ておくといいです。中には歯科医院内で勉強会を開催する所もあるので、求人情報をよく見たり、見学時に質問したりするといいでしょう。

ポイントをおさえて転職・就職活動をしよう

歯科医師の求人情報は、一般的な職業の求人情報と同様に、注意点をチェックしながら応募する必要があります。注意点に気を付けずに応募してしまうと、求人情報とイメージが違うととまどったり、短期で退職したりすることになりかねません。自分が何の条件を最優先にしているのか、気になる歯科医院をよくリサーチしたか、知識を向上させられる歯科医院か、応募する前にはっきりさせておくと、スムーズに効率よく就職・転職活動ができます。3つの注意点に気を付けて、就職・転職活動することで、採用する歯科医院は職場に合った優秀な医師を採用できたとなりますし、採用された側も快適に働くことができます。この注意点以外に挙げられるのは、家族環境との兼ね合いを考えて求人情報を見る場合もあります。家族環境とは、結婚や出産、妊娠や育児で家族が増える場合などで、家族の時間を大切にしたいなら重視したいポイントになります。少し前は女性が短時間勤務を選ぶ方が多かったものの、最近では男性で短時間勤務を選ぶという方もいます。