自己PRを上手くしたい歯科医師が知っておくべきポイントとは?

自己PRをするなら歯科医師も他の職種と同じように注意するポイントがいくつかありますので、ここではポイントごとに詳しく紹介しています。

自己PRを上手くしたい歯科医師が知っておくべきポイントとは?

自己PRを書く前に自己分析を

自己PRとは就職活動や転職活動で、相手の会社に自分がどんな人間なのか知ってもらい、自分を売り込むものです。一般的な職業でも重要な部分だと言えますが、歯科医師の就職活動や転職活動でも重要です。自己PRを書く前に、一度、冷静に売り込む自分のことを、じっくり見つめ直して自己分析してみてください。自己分析をするこつは、いくつかのジャンルに分けて分析を行うことです。今まで行ってきたことをアピールするなら、大学を選んだ基準について、大学で達成したことは何か、クリニックや病院で働いていて心がけてきたことは何か、といった視点で分析することがおすすめです。先を見通した設定でアピールするなら、60歳の時にどんな人間になっていたいか、実現するために今努力していることは何か、半年後や3年後の目標は何かといったことで自己分析をしてみてください。他に、やりがいを感じることは何か、尊敬する人は誰か、人には絶対負けないということはあるか、就職活動や転職活動をしようと思った理由についてなども、自己PRに最適です。

自己PRのポイントとは?

自己PRは、いかに自分らしさを出して文章を書いて構成するのかが重要です。文章を構成するポイントは、3つに分けて文章を書くようにすることです。まず、自分のキャッチコピーのような文章を作り、そこから文章を続けて広げていきます。いくらキャッチコピーのような文章を…と言っても、砕かれた文章はNGですので、注意して考えましょう。キャッチコピーを考えて書いたら、そのキャッチコピーに関連があることで、具体的な経験や体験を書くようにします。新卒であれば大学以降の経験を書いたり、転職組であれば社会に出てからの経験を書いたりすればいいでしょう。最後は、まとめとしてまたキャッチコピーを入れて、自己PRをして締めくくりをします。この構成は結論・根拠・結論という基本的な構成なので、どの文章でも使えるものです。履歴書の中の短文でも、300文字から800文字などに広げて書くこともできるので、使いまわしがききます。

自己PRで気を付けることとは?

歯科医師の就職活動や転職活動で有効な自己PRを書くには、他の職腫と同じように、少し気を付けて文章を書く必要があります。最も効果的な自己PRをするためには、複数のことをアピールするのではなく、アピールすることは1つだけにすることが重要です。複数、書いてしまうと、本当にアピールしたいことは何かぼやけてしまうからです。相手によく伝わるように、抽象的な文章ではなく具体的に何を行ったのか書くこともポイントです。さらに困難な事柄に対して、どういった行動を起こしたのか書くことは自己PRに有効です。特に困難な事柄に対しての行動は、人それぞれ全く違う行動を起こすので、人柄がよくわかるからです。他にポイントとして、結果が出たような事柄を紹介する時は数字を使って明確にすること、嘘をつかずに正直に書くことがあります。何か結果を出したことを書いた場合、数字を明確にすれば、相手に伝わります。どうしても歯科医師として入職したいからといって、嘘を自己PRに書いても、嘘はばれてしまうものなので、正直に書きましょう。最初に自己PRを書いたら、以上のポイントをおさえて書いているか確認してみてください。

歯科医師の自己PR例

歯科医師の場合の自己PR例を紹介します。「私は生涯歯科医療に従事していきたいと考えております。そのためには歯科医師として身に付けておきたい技術や経験を、貴院で確実に習得したいと考えております。貴院を志望しましたのは、優秀な先生方が揃っておられることと、最新設備が完備されていることです。さらに研修システムがあることをお聞きしたからです。生涯、歯科医師として従事するためには、様々な技術を磨く所存ですので、貴院を志望致しました。入職した際は諸先生のご指導を日々承り、患者の方々にも安心して来院してもらえるように、努力する所存ですので、宜しくお願い申し上げます。」この自己PRの場合、歯科医師としてどうなりたいかが最初の文章で、ハッキリしています。歯科医療に生涯従事するためには、どうしたらいいか次の文章で広げて、理由を説明しています。さらに志望する歯科医院のことをリサーチしたり、職場見学したりして得た情報を、記載することで好感が持てます。他にも優れた自己PRの文章は、ネット上にもありますので、参考にして書いてみてください。