月中退職と月末退職の差は退職日をいつがいいのかが分かります

月中退職と月末退職の差は退職日をいつがいいのかが分かります

月中退職と月末退職の違い

職場を自ら退職をして転職などをする場合、月の途中で退職をする月中退職と、その月の最終日に退職をする月末退職に分類されます。勤め先の業種や経営方針などによっても、月中退職と月末退職に違いがある他、退職する人物が抱えている仕事の内容によっても異なります。いつ退職をしても、影響があるのは月収の金額ぐらいだろう…と思われることが多い退職日ですが、実際には月中退職か月末退職の違いによって、月収以外にも様々な違いがあります。いつがいいのか分からないことが多い退職日は、周囲に相談することも難しいプライベートな内容です。
退職日がどんなことに影響がある?

実際に退職日を月中退職と月末退職で選択することが可能な場合、いつがいいのか知っておきますと、金銭面で損をせずにすみます。
社会人にとって欠かすことができない社会保険料の支払いは、その企業に勤めていた前月分までを支払う必要があります。そのため、退職日の次の日が資格喪失日となることから、月中退職の場合と月末退職の場合には、納める社会保燃料の金額に差が生じます。いつもは給料天引きされていることが多い社会保険料ですので、特別意識をしたことがないかもしれません。しかし、毎月納める金額は大きな負担となることもあります。たとえ1か月分でも得ができるように、退職日はいつがいいのかよく考えてみましょう。

自分で退職日は決められるの?

勤め先の考えや規則によって異なりますが、自分の都合で退職する場合、退職日を希望の日にちに設定することは可能です。解雇などをされてしまうようなケースではない限りは、退職する人の意向が通る可能があるので、上司や人事部などにいつがいいのか良く相談をしましょう。その際には、社会保険料の納付に関することを含めて、月中退職と月末退職のどちらが自分に合っているのかを考えておきますと、スムーズに話し合いが進みます。場合によっては、自己退職であっても今すぐ辞めたいと考えるケースも多くあり、社会保険料を少しでも少ない金額で納付することだけに振り回される必要もありません。また、退職日を自分で決められない企業も存在しますので、しっかり事前に調査しておきましょう。

月中退職のメリットとデメリット


字通り月の途中が退職日となる月中退職は、社会保険料を納める金額が月末退職に比べて1か月分少なく済むというメリットがあります。しかし、職種によっては月末までが1か月の締め日になっている場合も多く、今手元にある仕事を中途半端にしたまま退職日を迎えるというデメリットもあります。全ての企業が同じ動きをしている訳ではないので、比較検討が難しいですが、自分が退職をする会社がどのような体制で業務を進めているのかを考えますと、退職日はいつがいいのかが見えてきます。社会保険料や年金の受取額も大事ですが、お世話になった会社を去る前には、周囲に迷惑を掛けないような立ち去り方を習得しておくと良いでしょう。

月末退職のメリットとデメリット

その月の最終日となる月末が退職日となる月末退職の場合、社会保険料を納める金額が月中退職の人よりも1か月分多くなります。その理由は、退職日の次の日が資格喪失日となるため、月末が退職日の場合には多色をした次の月の分まで社会保険料を納める必要があります。社会保険の金額に限りますと、月中退職よりもデメリットが多い気がしますが、職業によっては締め日までしっかり働けることから、仕事の区切りが良い所で退職できるというメリットもあります。社会保険料や年金のことよりも、今抱えている仕事を全うしてから退職をしたい場合には、月中退職と月末退職を比べて、自分の退職日ははいつがいいのかを考えますと、答えが見えてきます。

結局退職日はいつがいいのか

何を優先するのかによって変わってくる退職日の設定は、正直いつがいいのか分からない人も多いでしょう。しかし、月中退職と月末退職を比較した場合、社会保険料や健康保険料などの金銭的な負担や、将来受け取ることができる年金額にも関わることを考えますと、できる限り負担が少なく良い恩恵が受けられるのが理想です。しかし、自ら退職を希望したにも関わらず、場合によっては、仕事自体が中途半端な状態のまま退職日を迎える人もいるでしょう。どのような業務に携わっているのかによっても変わってくる適切な退職日の設定は、月中退職と月末退職のどちらが自分に合っていて、一体いつがいいのかをよく考えてから行動しますと、賢くスマートな形で退職日が迎えられます。