歯科衛生士はいい奥さんになる?結婚した男性医師の声

歯科衛生士はよい奥さんになれるのか気になります

歯科衛生士はよい奥さんになれるのか?

歯科医師のなかには、歯科衛生士の女性と結婚する人も少なくありませんが、その本音が気になります。
果たして歯科衛生士はよい奥さんになれるのか、それは実際に結婚した歯科医院に聞くのが一番です。
ひとりひとり価値観が異なりますので、満足している医師もいれは不満に感じている方もいるでしょう。
ここでは、そんな歯科医師と衛生士の結婚について紹介します。

気になる歯科衛生士の仕事内容って?

歯科医師と歯科衛生士は、職場恋愛などで結婚するケースも多いと思いますが、衛生士との結婚は本当に幸せなのでしょうか。
その前に、歯科衛生士の仕事内容について見ておきましょう。
衛生士さんは毎日どのようなお仕事をしているのか、気になる人も多いのではないかと思います。
歯科衛生士というのは歯科医師の診療を補助するのか主な仕事であり、医師の指示のもと、歯科治療の一部を行うこともあります。
それぞれの歯科医院で仕事内容は異なりますが、医師にとってはなくてはならない存在であることには間違いありません。
衛生士というのは歯科衛生士法による国家資格のひとつであり、実際に資格を取得するには、短期大学や専門学校などで専門事項を学び、その後に国家試験に合格する必要があります。
そして衛生士の資格を取得すれば、その後は年齢などに関係なく歯科医師での勤務が可能になります。
それぞれの歯科医院でその職務内容は異なりますが、様々な経験を積んでキャリアアップすれば活動分野がさらに広がっていきます。
また、国家資格を取得していることもあり、結婚や出産などで一度職務を離れても、看護師と同じようらに比較的再就職に有利なのが特徴と言えます。
このように多くの活躍の場があることもあり、人気のある国家資格となっています。

結婚したら良い奥さんになれる「国家資格」

歯科衛生士はよい奥さんになれるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
それは、実際に衛生士と結婚した医師の声を聞いてみるのが早いです。
様々な声がありますが、「衛生士と結婚するメリットが多い」、それもひとつの理由になっているようです。
そのメリットのひとつが国家資格であり、衛生士は国家資格ですので、いつでも仕事ができることに魅力を感じている歯科医師もいます。
現代は女性の社会進出が話題になっていますが、実際に結婚したあと、家事や子育てを両立しながら再び社会に出て働くというのは、そう容易なことではありません。
一般企業などで仕事をしている女性のなかには、妊娠や出産を機にそのまま退職してしまうという人も少なくありません。
また再度働こうと考えていても、実際に適切な仕事がなかなか見つからずに苦労している女性が多いのが現状でもあります
その一方で、歯科衛生士は国家資格ですので、一度資格を取得すればいつでも再就職できるという強みがあります。
そのため、家庭に入っても余裕を持って生活することが可能であり、結婚相手である歯科医師も楽しい生活が送れるというわけです。

結婚したら良い奥さんになれる「仕事と家庭の両立」

仕事と家庭を両立しやすい、これも歯科衛生士と結婚するメリットと言えます。
歯科医院には歯科助手の方もいますが、歯科衛生士と歯科助手とではその仕事内容や給料も大きく変わってきます。
歯科助手の平均月収は20万円程度であるのに対して、衛生士の平均月収は25万円程度と言われています。
歯科助手と異なり、衛生士は国家資格なので、新卒で入った場合の初任給も20万円前後と高いのが一般的です。
資格を保有しているので、その資格を生かして一生働けるのは、衛生士、医師の双方にとって魅力的なことではないかと思います。
特に歯科医師は、「必要なときに自分の仕事をサポートしてもらえる」など、とても心強いのではないでしょうか。
医師のなかにはそういう声もあり、これも大きなメリットのひとつと言えます。
仕事と家庭の両立がしやすい、その点に惹かれる医師も意外に多いみたいです。

結婚したら良い奥さんになれる「健康管理」

歯科衛生士との結婚のメリットとしては、この健康管理もあげられます。
衛生士はお口の健康管理をしてくれますので、いつも健康でいることができます。
歯科医師は他人のお口の治療に関しては得意としても、これが自分のお口となるとそう簡単にはいきません。
自分ではメンテナンスできない部分もあるからです。
歯科衛生士がいつもそばにいれば、お口の管理もしっかりしてくれます。

いい奥さんになれるかは人それぞれです

歯科衛生士はよい奥さんになれるのかどうか、実際に結婚した歯科医師によってその本音は様々です。
ひとりひとり思いは異なりますが、衛生士と結婚するメリットが多いので、その点から考慮するとよい奥さんになれるのではないかと思います。
実際に結婚してみて分かることもあり、そこは人それぞれです。