都内勤務のメリットとデメリットは歯科医師の場合はどうだろうか

都内勤務のメリットとデメリットは歯科医師の場合はどうだろうか

歯科医師の都内勤務のメリットとデメリットについて

都内勤務のメリットとデメリットは歯科医師の場合はどのように理解しておくのがいいのでしょうか?都会は非常に便利な部分もありますが、時間に追われる生活を余儀なくされることも考えられますので、上手く時間を使って自分の生活を楽しい物にする工夫も必要であることをしっかりと理解しておくことが都内勤務の場合には重要になってきます。

地方に比べて高給である場合が多い

都内勤務のメリットとデメリットには、次のようjなものがあります。
都内勤務のメリットとして、同じ医師との比較の面でも高級であることが多くなります。
自分の給料は、社会人としてのステータスの部分もありますので、自分の歯科医師としての能力が認められたということを認識できるようになるので、都内勤務の場合には大きな満足を得ることが出来るようになることが多いものです。
一方のデメリットですが、都内は地方に比べて物価も高くなりますので、それなりの出費も覚悟しなければなりません。
都内勤務の場合にはいつも最先端の流行の中に自分の身を置くことになりますので、人間としての魅力が磨かれていくことになるかもしれません。
非常に刺激的な毎日を送ることが出来るようになりますので、自分を洗練させていくことが出来るようになるという魅力を都内勤務はもっているといえます。
歯科医としての仕事をしながら、自分のセンスを磨いていくことが出来るというメリットを堪能できるという点が非常に魅力的であると考えて良いでしょう。

地方に比べて先端医療に触れる機会が多くなります

都内勤務は、地方に比べて多くの大学の付属病院が存在しています。
大学病院では一般的に先端的な医療が行われていますので、都内勤務をしているとそのようなタイプの先端医療に触れることが出来るというメリットがあります。
医療のレベルは日進月歩な部分がありますので、常に最先端の医療に降れていないと時代の流れに取り残されてしまうデメリットも考えられるでしょう。
都内勤務をしていればそのような心配はなくなりますので、自分の医療レベルの向上を多きに期待することが出来るというメリットが考えられます。
また、都内勤務の場合には地方勤務の場合とは違って多くの歯科医師の先生と接触する機会をもつことが可能になってきます。
自分の知らない新しい歯科治療に関する情報を得ることが出来るというメリットが存在しているといえます。
いろいろな情報を持っていれば、患者さんのニーズに合わせて様々な治療法を選択することが出来るようになるというメリットもでてきますので患者さんにとって頼りがいのある歯科医師になれます。

ネットワークを広げることができます

都内勤務のメリットとデメリットとして歯科医師の場合には、いわゆる人脈を広げることができるようになることが挙げられます。
非常に多くの歯科医師が都内にがいますので、いろいろな先生方と交流をもつ機会もふえてきます。
都内ですと色々な研究会が開かれることも多いので、その際に新しいネットワークを作り出すことが出来るようになるかもしれません。
歯科の治療は今までは医師の技量による部分が多かったのですが、最近ではチーム医療が一般的になっていますので、患者さんのニーズに合わせる形でネットワークを広げておくことは大きな意味を持ってきます。
自分の勤めている歯科医院ではできないような治療を他の先生に御願いすることも可能になってきます。
逆に他の先生から治療を頼まれたりすることもでてきます。
これはメリットともデメリットともどちらでも捉えられることですが、コミュニケーションが苦手な人はデメリットと考えてしまうこともあるでしょう。
更には、多くの医療人の中に自分の身を置くことによって最新式のネットワーク医療を導入することが可能になってくるというメリットを得ることができます。
一方で人間関係の問題に悩むこともでてきますが、それが都内勤務のデメリットであるといえます。

学位を取ることもできます

歯科医師の場合、多くの大学病院が都内には存在していますので、時間を上手くやりくりすれば、大学病院で論文をまとめて学位を取得することも可能になってきます。
学位を持った歯科医師というのは患者さんに信用される存在になりますので、非常に大きな意味をもってきます。
将来開業をする場合も学位を持っている方が有利に働きますので、おすすめです。
患者さんの治療と同時に歯科医療についての研究を進めていくことができれば、お互いにそれらが相互作用をすることになって、医療の質を高めていくことが出来るというメリットが出て来ます。
また、都内に大学には多くの外国人研究者もやってきて研究を進めていますので、グローバルな感覚を身に付けることもできるようになります。
地方勤務ですとその土地に縛られてしまって、かなり自分で努力をしていかないと自分の医療技術を高めていくことが出来なくなってしまいます。
都内勤務であれば、その点についてあまり意識しなくても自然に色々な専門的な能力を身に付けて言うことが出来るというメリットがあります。

多くの患者さんの笑顔に出会えます

都内には非常に多くの人が住んでいますので、必然的に患者さんの数も多くなってきます。
歯の痛みに苦しんでいる人に対して適切な治療を行ってあげれば、患者さんは非常に喜んでくれるようになるはずです。
都内勤務の歯科医師ですと連日のように多くの患者さんがやってきますので、それぞれの患者さんの治療が完了すればいうまでもありませんが患者さんの笑顔に出会う機会が増えてきます。
患者さんの笑顔によって歯科医師は育てられるといわれていますので、都内勤務で多くの患者さんの笑顔に出会うことができれば、自分のスキルアップを効率よく進めていくことが可能になってくるでしょう。
患者さんに喜んでもらえる医療をどのようなものであるかを言うことを自分で考えていくようになりますので、自律的に歯科治療を進めていく能力を高めていくことも可能になってきます。
これにより、歯科医師になった良かったと実感できるはずです。

時間に追われた生活を余儀なくされるかもしれません

都内で生活するデメリットとして、時間の進み方が非常に速い、というのが挙げられます。
分刻みで全てのスケジュールが動いて行くことをイメージしなくてはなりません。
地方ではのんびりとした医療体制であっても問題になることはありませんが、都内ではそのようなことは全く通用しない部分があります。
常に分刻みのスケジュールの中に自分の身を置くことになりますので、その感覚に慣れることが要求されます。
都内で生まれ育った方であれば、それほど問題にはならないのかもしれませんが、地方から出てきて都内勤務を考えているのであれば都内の時間の流れにまずは順応しなければなりません。
慣れてしまえばさほど難しいことではないのですが、慣れるまでは少なからずストレスを感じてしまうかもしれません、その部分が都内勤務のデメリットかもしれませんが、慣れてしまえば都内で生活することの便利さに気が付くかもしれません。

自分が歯車になったような気分になるかもしれません

都内で働く歯科医師の場合、最近は多くの医療現場でチーム医療が行われるようになってきていますので、自分が医療チームの歯車になってしまったのではないかというイメージを持ってしまう場合がでてきます。
この部分はデメリットではあるのですが、逆にラグビーをイメージすればメリットに代わってきます。
つまりone for all & all for oneの感覚で常に医療にあたっていけば、自分が歯車であるという感覚に苛まれることは無くなるはずです。
自分は非常に高度で先進的な医療の中の一員として非常に重要な役回りを指定事を自覚することができれば、仕事のモチベーションも上がってくるはずです。
地方勤務の方が自分の理想とする医療ができるというように感じるかも多いかもしれませんが、時代の流れとともに都内型の医療体制が世界の主流になってきていますので、グローバルな時代にマッチすることも可能になるというメリットを都内勤務はもっているといえるのではないでしょうか?

人間関係のストレスを感じるかもしれません

都内勤務の歯科医師の場合、多くの人間が都会にはいますので、人間関係のストレスを感じてしまうことも多いかもしれません。
多くの患者さんに接することがストレスになってしまうというデメリットが起きてしまうかもしれません。
ストレスを溜めたままにしておくと、人間の体は蝕まれてしまうので、適当にストレスを解消することを考えることが必要です。
都内には多くの歯科医師がいますので、休みを取ることはそれほど難しくはありません。
休みを上手く取得して都内勤務のストレスの部分を上手く解消するようにするといいでしょう。
多くの人がストレスを都内では抱えています。
これは確かに都内のデメリットであるといえますが、実際のところ多くの人が都内での生活で上手にストレスを解消しています。
歯科医師として働く場合、デメリットをなくすためにも自分なりのやり方でストレスを解消してみるといいでしょう。

上手く順応してみることが大事です

歯科医師の場合、メリットから得られる恩恵の方がデメリットよりも大きい場合がほとんどなのですが、デメリットをそのままにしておくと大きなストレスを抱えることになってしまいますので、上手に都内生活に順応してストレスを解消する方法を考案してみるといいでしょう。
ストレスの問題さえ解消できれば実に有意義に仕事をしていくことができるはずです。