歯科医師は結婚できない人が多い!?理想のパートナーと出会う10つの方法

歯科医師で結婚できないと悩む前にやるべき婚活方法

合コンに行く

勤務医や開業医の歯科医は、勤務時間が長いことや、休日や勤務後も研修や勉強会で多忙なことから、結婚に繋がる出会いが意外と少ないことが現状です。結婚できない歯科医師の方は、まず出会いが生まれる合コンに参加してみてください。結婚できない歯科医師の原因の1つに異性に対して奥手という原因があるので、合コンに参加する時はできるだけ積極的に行ってみましょう。友人や同僚が開催する合コンもいいですが、合コンやコンパセッティングのネットサービスを利用することもおすすめです。そういったサービスを利用してみると、意外と医師が登録している方が多く、出会いの少なさがよく分かります。友人からパートナーを紹介してもらうより、気を遣わないので気疲れしたくない人には合コンがおすすめです。
WEBでの結婚紹介サービスを利用する 出会いが少ない歯科医師だからと言って、患者さんや歯科医院のスタッフとは恋愛したくないという方はWEBでの結婚紹介サービスが最適です。トラブルを避けて快適にお付き合いしたい、条件に見合ったパートナーを見つけたいという方は、医師限定の婚活サービスがおすすめになります。例えば、医師や歯科医師専門の結婚相談所や婚活サイト、マッチングアプリなどです。医師や歯科医師専門でない結婚紹介サービスもいいのですが、専門の結婚紹介サービスの方が、的確なアドバイスを受けられます。そのため結婚できないと悩んでいる歯科医師の方は専門の結婚紹介サービスを選んだ方が効率よく婚活できると言えるでしょう。最近では歯科医院で働く人専用の、歯科器材の通販サイトと結婚紹介サービスがタッグを組んだサービスもあるので、積極的に利用してみてはどうでしょうか?

結婚相談所を利用する

WEBではない結婚相談所は、奥手で恋愛経験が少ない方、結婚できないと悩む歯科医師の方におすすめです。WEBだけで婚活することが不安だったり、専門スタッフのアドバイスを聞きたい、悩み相談を直にできることが、結婚相談所のいい所です。また、入会審査が必要なので遊び半分ではなく、真剣な人しか入会はできないことも安心できます。アドバイスをしてくれる人は、たくさんのカップルを見守ってきた経験豊富なプロですので、様々な悩みを打ち明けて二人三脚で婚活を進めていけます。恋愛経験が少ない方にとっては大変頼りになる存在と言えるでしょう。結婚相談所は、より結婚に真剣で、細かな不安があるという方には最適というわけです。
お見合いをする お見合いパーティーより真剣なお見合いをしたい歯科医師の方は、お見合いも1つの方法です。どんな婚活でも医師という肩書がある限り人気があるので、出会いが少ないと嘆く歯科医師にもおすすめになります。親からお見合い話が来たり、仲人のプロにお願いしたりと、お見合いは結婚願望がある男女が第三者に仲介してもらうものです。最近では結婚情報サイトや結婚情報サービスなどを利用して、男女が出会うこともお見合いと言われます。昔は古典的なお見合いで成婚率は高かったものの、最近では当の本人任せでは結婚にまで至らないこともあり、仲介サービスをWEBで行っている所を利用するパターンが多いです。お見合いの場合、お付き合いまでいったらサービス終了ではなく、結婚や結婚後もフォローしてくれる長期的なサービスを利用できるので、恋愛が苦手という方にはアフターケア付きでおすすめです。

婚活イベントに参加する

結婚したい歯科医師が気軽に始められる婚活として人気なものが、婚活パーティーやカップリングパーティーのイベントです。堅苦しいお見合いよりもカジュアルな雰囲気で楽しめる婚活パーティーが多いので、結婚をまだ焦っていない方や堅苦しいことが苦手な方にはおすすめです。婚活パーティーを扱っている所は、歯科医師や医師などの医師限定のイベントもあるので、効率よく出会うことができます。婚活パーティーを主催する所によりけりですが、○○限定という、よりパートナーを絞った企画が多いので、それぞれ効率よく出会えることが特徴です。開催場所によってドレスコードがあるので非日常感も楽しめますし、様々なタイプの異性と出会うことができます。WEBで検索すると簡単に開催される婚活イベントが分かるので、積極的に婚活パーティーに参加してみてください。

婚活適齢期を意識して行動する

出会いがないと悩む前に、結婚適齢期を意識して行動することも重要です。それは歯科医師の仕事のキャリアに関係しています。大学や若手歯科医師時代に十分な知識や技術を習得したとしても、次のステップとして開業の準備があります。開業医となれば収入がアップするため30代で開業する人が多くなります。しかし開業後は、親の医院を継承した以外では新規顧客がつくまで収入が安定しにくいことなどから、婚活どころではなくなってしまいます。開業して落ち着いた頃には、もう30代後半や40代となっている方が多いと言われています。出会いを求める前に、適齢期を過ぎる前に婚活を意識して、プライベートも仕事も充実させた方が、結婚に繋がる出会いを逃さないのではないでしょうか。20代は研修に時間を費やすことが多い歯科医師ですので、隙間時間を使ってできる婚活サイトなどの利用がおすすめです。時間を上手に使って、魅力的なパートナーとの出会いを経験し、人間としても社会人としても成長できれば、そのうち結婚に繋がる可能性があるはずです。

友人に紹介してもらう

結婚したいけれど中々パートナーが見つからない、結婚相談所を利用することは気が引けるという場合は、自分の友人に紹介してもらうというのも1つの方法です。自分のことをよく知っている友人に、相性が良さそうなパートナーを紹介してもらい、うまくいくケースもあります。最初は気軽にグループデートから始まって、1対1でデートして相手のことをよく知ってからお付き合いするのが一般的です。グループデートは季節のイベントや飲み会、バーベキューでもいいので、パートナー探しにも趣味の仲間や友人作りにもなり、交友関係を広げたい人にはおすすめです。歯科医師は室内であまり動かないで働く職業なので、開放的なアウトドアでグループデートすれば、ストレス解消ついでに素敵なパートナーと出会えるかもしれません。ただ、友人からの紹介の出会いは、人間関係に傷がついたりして気まずい思いをしたくない人には向いていません。親類縁者からの紹介もありますが、気を遣う人は避けたい出会い方だと言えます。

趣味を増やす

歯科医師は多忙を極める職業のため、趣味がないという人がいます。出会いはどこで出会うか分からないものなので、もしかしたら趣味を通した活動で出会いがあるかもしれません。趣味がある人は、その趣味を活かした婚活をすることができます。例えば、料理を異性と一緒に作る婚活イベント、野菜やくだもの狩りの婚活イベントなどです。最近ではもっと増えていて、エンタメ・アミューズメント系、スポーツ・フィットネス系、観光・ガイドツアー系、山・自然系、日本文化系、乗り物系、海系の趣味婚活もあります。無理矢理に趣味を作っても疲れるだけなので、自分が少しでも興味がある趣味を調べたり、やり始めようとするなどでも大丈夫です。まだやっていないけれど興味がある、これからやってみようと思っている、ということを婚活パーティーなどで言えば、お互いの共通点が見つかり、話が広がることがあるからです。うまくいけば、次回は趣味のデートに発展することももちろんあります。結婚できないと内にこもって悩むより、趣味を持ってみて世界を広げて、パートナーとも出会ってみてはいかがでしょうか?

職場で出会いを探す

職場恋愛で結婚したという一般的な職業の方は意外と多いですが、歯科医師も職場恋愛で結婚した人がいます。歯科医師で男性の場合、特に歯科助手の女性と結婚したり、恋愛関係になったりすることが多いようです。逆に歯科医師で女性の場合、歯科助手はほとんど女性のため恋愛にはなりませんし、もし男性の歯科助手がいたとしても、キャリアが下の立場の人とは恋愛関係になることは少ないです。どちらも歯科医師同士で結婚するパターンもあるので、出会いは職場である歯科医院で生まれることもありと言えます。

女性歯科医は特に結婚適齢期を逃さないようにする

男性歯科医師だけが結婚できないと悩んでいるわけではありません。女性歯科医師も出会いが少ないため、結婚できないと悩んでいるのです。女性は男性よりも結婚後の妊娠・出産・子育てなどの人生のイベントが多く、歯科医師としてのキャリアプランをしっかり立てておかなければなりません。そのため結婚のタイミングは重要になり、結婚相手も家事や育児に協力的な男性を望む傾向があります。理想の男性との出会いを探す段階で、協力的な男性という条件をつけて探すことはもちろんですが、結婚適齢期を逃さないようにする必要があります。男性歯科医師と同じく、20代は研修で明け暮れますが、女性は30代~40代で結婚・妊娠・出産・育児となる人が多いです。医師としてのキャリアを考えると早めに女性としてのイベントを経験したいとなります。これは体力的にも身体的にも年を取ると、妊娠・出産は大きなダメージを残すからです。さらに子供は出産すれば終わりではなく、あくまでスタートなので、育児で疲れ切ってしまい仕事が再開できないということもあります。女性医師の場合も適齢期を逃さないように若いうちから行動しておくことは重要と言えます。