賞与やボーナスの支給額は歯科医院の業績が大きく左右する

賞与やボーナスの支給額は歯科医院の業績が大きく左右する

歯科医院で働くスタッフにとっての賞与の役割

毎日忙しく働くサラリーマンにとって、年に何度か支給される報酬は楽しみの一つです。
日頃の自分の頑張りがどの程度評価されているのかが分かるバロメーターとも言えますので、増加していた場合は嬉しいものではないでしょうか。
ボーナスや賞与は、一般的に夏と冬の2回に分けて支給するところがほとんどですが職種によって違いがあります。
勿論、医療機関で働くスタッフも支給されるところが少なくなく、歯科医院の場合も例外ではありません。
医療機関のスタッフは、医師や看護師、歯科なら歯科医師に加え歯科衛生士などの専門職となりますので、技術力や知識などが人事評価の対象となります。
適正に評価されているか、業績はどうなっているのかなど、自分の所属している歯科医院がどのような状態になっているのかを、そこで働くスタッフが再確認する役割も持っています。

ボーナスや賞与はどんな特性があるのか

ボーナスや賞与は、必ず支給されるものではありません。
歯科に於いても業績に連動していることが多く、業績によっては支給されない場合もあるのが現状です。
賞与は月額の報酬の基本給を基に支給されるようになっており、求人票の欄には年間何か月分などと表示されているのが一般的となっています。
しかし、歯科の業績は一般企業と同様に常に変動していますので、確定的ではないとの認識が必要です。
評価については、患者の健康を保持し安心感をもたらしているか、組織の規範を守り実行されているか、使命感を持って取り組んでいるかなどが挙げられ、積極的な行動といった点などが対象となる場合もあります。
賞与やボーナスは、スタッフ一同の頑張りが生み出した利益を配分するもので、それぞれの貢献度に応じて支給される臨時的な報酬ですので、貢献度を評価して貰えるように向上心を持って仕事にあたることが大切です。

歯科医院の賞与の決め方を徹底解剖

多種多様な職種がありますが、歯科の臨時報酬の決め方は患者に治療にあたっていることから独自性持っていることもあります。
また、その内容は業績とスタッフ各人の評価によって決まりますので、常に一定の金額が支給されるとは限りません。
医院によって算出方法は異なりますが、基本給に平均支給月数や人事評価による係数などを乗じて決定する場合が多くなっています。
平均支給月数は業績によって変わり、一般的に雇用契約を結んだ時の内容を基準とします。
人事評価制度の内容にも違いがあり、中にはスタッフの評価基準が殆ど無く曖昧で単に年功序列という場合もありますので、求人に応募する場合には報酬やその評価に関して確認しておくと良いでしょう。
特に個人経営の歯科では、能力や知識に加え、技能や患者への対応の仕方などあらゆる面が対象となることが少なくないことを念頭におきましょう。

スタッフのモチベーションアップの維持が目的

希望を持ち頑張って働いたのに全く評価されないと、仕事に対するモチベーションやパフォーマンスも下りがちになってしまいます。
そんな気持ちをアップさせてくれるのが賞与やボーナスと言え、支給の目的は継続的なモチベーションの維持が大きなポイントです。
また、所属する歯科の業績に目を向けるきっかけになることに加え、より良いサービスの提供に関心を持ってもらう目的もあります。
経営主の意向によって変わることも否めませんが、求人に応募する場合は貢献度を正しく評価してくれるような医院を選択することが大切です。
ボーナスの額は人事評価がポイント

医療業界でもボーナスの額を決める際には、人事評価制度を用いて決定する場合が多くなっています。
歯科は個人経営の場合が少なくありませんので、その内容については経営者の意向が大きく働くこともあります。
しかし、通常では一定の評価ベースがありますので、それに基づいて決定されることになります。
業務の正確さは勿論のこと、治療知識や事前準備など安全性への配慮も含まれるでしょう。
また、経営面に於いては新患やリピーターの増加、途中で治療を中断する患者を減少させることなども挙げられ、即戦力となることも重要なポイントです。

まとめ

医療業界の報酬は、キャリアによって左右されることが多い傾向にあります。
歯科医院も同様に、スキルやキャリアによって評価が変わることが無いとは言い切れません。
基本給はその傾向が高くなりやすいものですが、賞与やボーナスは採用されてからの評価となりますので、医療の技術は言うまでもなくクオリティの高いサービスなど患者に対するありようなども評価される場合もあります。
歯科医院はサービス業という側面もあると考えられますので、賞与やボーナスに反映するされるように貢献することが将来の希望に繋るでしょう。
賞与やボーナスは、額によらず支給されれば誰でも嬉しいものです。
少しでも良い評価を得られるように、スキルアップを図っていくことが重要となります。